ピアノ教室、ギター教室、その他教室のご支援!パートナーマップ!

ありふれた日常=特別で新鮮なもの

あっという間に2015年ですね!!

皆様元気にレッスンをされておりますでしょうか?(^^)

 

最近改めて思うのですが、講師にとっては音楽に触れていることが当たり前で、

音楽を通して楽しい時間を過ごすことや、新しい仲間が増えたり、疲れが吹き飛んだり、気持ちが安らいだりすることを

「ありふれた日常」に感じているかと思います。

 

だけど、まだ音楽に触れたばかりのお子さんや、

社会人になってから始めて楽器に触れる生徒さんにとっては

 

音楽がくれる喜び、楽しみは本当に「特別」で「新鮮」なものなんですよね、、、。

 

いつになってもその感覚を大切にして、

人に伝えていける事ができたら、そんな仕事に携われたら、

 

講師としてだけでなく、一人の人間としてとても幸せなことなのだと思います。

diary-image-Piano-05

 

始めて音楽に触れて嬉しかった気持ち、

音楽を通して友達ができたときの喜び、

いつまでも忘れずにいたいものです。。

 

 

 

今年もよろしくお願いいたします!


暑くなってきました♪

すっかり更新が滞ってしまいましたが、皆様元気にお過ごしでしょうか?

パートナーマップでは業務の混雑により、かなり対応に時間がかかってしまうことが多くご迷惑をお掛けしております。

ご連絡をおまたせしてしまっている皆様には申し訳ありませんが、より良い音楽教室の経営、運営ができるように日々精進いたしますので、今後共よろしくお願い致します。

それでは暑い夏を乗り切りましょう! :-P


新年のご挨拶

あけましておめでとうございます!本年もよろしくお願いいたします!

すっかり久しぶりの更新になってしまいましたが、元気に過ごさせて頂いております(^^)
お正月から少し時間が経ってしまいましたが、

今年の目標を具体的に決めなくてはと考えています。

できれば数字など具体的に目標が設定できると良いですよね!

ただ、自分にとっての一番の目標は「一年を健康に過ごす」事だったりします。

年をとるにつれて、健康の大切さが身にしみますね!

皆さんも健康に気をつけて、一年をお過ごしください。


レッスンをこれから行っていく方への3つのポイント

diary-image-guitar-02最近、講師/先生を始めるにあたって、心構えなどアドバイスが欲しい、とのご要望を頂きましたので

恐れ多いことではありますが(笑)あくまで私個人の考えをお伝えしたいと思います。ベテランの先生には読み流して頂ければと思います(笑)

今回はレッスンを行なっていく上での大切だと考えていることを書こうと思います。

主によくお伝えすることは3つのポイントになります。

★まず1つは、【目標、理想をしっかりと持つこと】です。

 

レッスンを続けていく上で、多くの人は問題と出会います。人間関係でのトラブル、中々上達してくれない、レッスンのマンネリ、等でモチベーションが落ちてしまうことも含みます。

そんな時「これを続けて良いのだろうか?自分のやりたいこと、向いていることは別にあるのでは?」と考えてしまうのが普通です。

もちろん簡単に問題を乗り越えてしまう人、そもそもそんな風に思う事は無い!という方もいると思いますが、

これまでの経験上、多くの先生は一度はそう感じることがあるようです。

そんな時、元々自分はどんなレッスンをして、どんな教室を作りたかったのか?生徒さんにはどうなって欲しいのか?自分自身の理想とすることは一体何なのか?

はっきりと言葉にして思い出せるようにすることが大切です。

それが先生自身の根源的な支えになるはずです。

自分の場合は、よくある話ですが、それを文字にして、自分の机の片隅や、PCのデスクトップ画面の目立つ所にいつも見えるようにしてあります(笑)

★2つ目はよく準備をすることです。

当たり前ですが、レッスンをする先生にも、教え慣れている内容と、教え慣れないレッスン内容があるはずです。

その内容を自分自身がよく理解しているか?は最低限の話であり、「教えるための準備、資料がしっかりできているか?」が重要になります。

もしもあまり教え慣れていない内容のレッスンをするとわかっているのであれば、そのための準備、資料作成の時間をレッスン時間と同じくらい設けるようにして下さい。

次からその内容をまた別の生徒さんにレッスンする時に、必ず役に立つはずです。

逆に、準備をせず、手書きの譜面をささっと作り上げるなど、その場しのぎで乗り切っていくレッスンをしていると、

いつか生徒さんにもレッスンに対するモチベーションの低さを見透かされてしまいます。

資料自体はあるけれど、いつも生徒さんが飽きてしまう、、というシチュエーションの時も同様です。

頻繁に生徒さんが途中で投げ出してしまう内容なのであれば、新たな資料の作成など、対策を用意する必要があります。

準備不足はある程度レッスンに慣れてきた頃に多い事だと思います。気をつけたいものです。

★3つ目は環境を整える事に気を配ることです。

レッスン自体が上手くいっていても、日々の出来事に時間をとられ、気力が無くなってしまうという事は多くあります。

例を上げれば、生徒さんが中々集まらない、発表会の準備が大変過ぎる、レッスンに時間がとられすぎてその他の活動が充実していない。家族の理解が無い。

等、様々な理由があると思います。

言い方は悪いのですが「楽をする」事はとても大切です。本来の目標を達成するために、そのための環境を整えておくよう意識しなくてはいけません。

生徒さんが増えて教室がうまくいっている時ほど、プライベートな時間も含めて充実をさせ、無駄な事を極力排除していくことが大切になります。

———————
以上、大変恐縮ではありますが、私の経験上の大切なことを述べさせて頂きました。

何より自分自身が気をつけたいと思います(笑)

 

/パートナーマップ 杉山つよし


前向きな発想の大切さ

diary-image-thank-02

こんにちは!なんだか日本各地でスコールのような豪雨が降っているようですね。。。まるで南国のようです。水害など治まると良いのですが、、、

そして、ゲリラ豪雨は性質上ダムに水が溜まりにくいらしく、梅雨が短かった今年は、水不足気味のようです。

節水など気をつけたいですね!

 
さて、最近感じていることですが、

前向きな気持ちを相手に持たせることが出来るか?ということは音楽を教える立場や、そもそも自分自身の人生にとって、

大きなテーマなんだな、と改めて感じています。

わかりやすい所で言えば、「なかなか練習のモチベーションが続かない」という生徒さんに、やる気を起こさせることができるのか?

それは「生徒の問題ではなくむしろ先生にとっての問題」という意識を持つことが理想だなと思います。

ただ、もちろん生徒さん本人自身の努力は必ず必要です。その上で音楽講師である自分はに求められること。

「どうすれば、継続してくれるか?」「(例えば音楽を)もっと好きになってくれるか?」「自分で考えて行動をしてくれるようになるか?」

人の意識や行動を変えさせる事はとても難しいことですが、

「前向きにさせること」「やる気を出させること」など、何か物事が良い方向へ行くようなことであれば、

積極的に他人に働きかけることができるよう、

普段から心がけていたいな、と思います。

、、、と周りの人に伝える前に、まず自分がしっかりとした人物でなければいけないのはもちろんなのですが(^^)

自分自身がモチベーションの高い人間でいるためにも、

「周りの人間を良い方向へ導くことができるように努力しているか?」を、

日々気をつけて過ごしたいと思います。

特に、マンネリ化を感じるレッスンや、生徒さんがやる気を失っているのを見る度に思い出すようにしています。

なんだか大層な内容になってしまいましたが、暑い夏も前向きに頑張っていきたいですね(^^)

 

/パートナーマップ 杉山つよし


最新投稿

  • ありふれた日常=特別で新鮮なもの

    あっという間に2015年ですね!! 皆様元気にレッスンをされておりますでしょうか?(^^)   最近改めて思うのですが、講師にとっては音楽に触れていることが当たり前で、 音楽を通して楽しい時間を過ごすことや、新 …

  • 暑くなってきました♪

    すっかり更新が滞ってしまいましたが、皆様元気にお過ごしでしょうか? パートナーマップでは業務の混雑により、かなり対応に時間がかかってしまうことが多くご迷惑をお掛けしております。 ご連絡をおまたせしてしまっている皆様には申 …

  • 新年のご挨拶

    あけましておめでとうございます!本年もよろしくお願いいたします! すっかり久しぶりの更新になってしまいましたが、元気に過ごさせて頂いております(^^) お正月から少し時間が経ってしまいましたが、 今年の目標を具体的に決め …

  • レッスンをこれから行っていく方への3つのポイント

    最近、講師/先生を始めるにあたって、心構えなどアドバイスが欲しい、とのご要望を頂きましたので 恐れ多いことではありますが(笑)あくまで私個人の考えをお伝えしたいと思います。ベテランの先生には読み流して頂ければと思います( …