Q.当方はドラム教室ですが、ピアノ教室等と何か差はあるのですか?

ドラム教室やパーカッション教室など、音量の大きな楽器の場合スタジオをレンタルしてレッスンを行う事が多いため、競争も激しく難しい点は多いと言えるかもしれません。

その場合、教室でのレッスンのメリット、強みをハッキリと持ち、先生自身がやる気に満ち溢れていることが非常に重要になります。

ただし生徒の募集において、やるべきことに違いはありません。生徒さんに喜んでもらえるようなアイディアをたくさん出して、人気の教室を作れるように頑張りましょう!

教室の運営は生徒さん集め以外にも様々な苦労があるため、なかなか先生ご自身が宣伝活動をするのが難しいもの。パートナーマップが生徒集めのお力になれれば幸いです!

よくあるご質問へ戻る
お問い合わせ

【 教室の生徒集め、募集のパートナーマップ 】

ピアノ教室、ギター教室、ヴァイオリン教室、フルート教室、ベース教室、ドラム教室など各種OK! 初期費用無料で生徒集め、生徒募集のお手伝いをします!

  1. 2019.01.21

    音楽教室の生徒さんからレッスンの休会、もしくは振り替えを…

  2. 2018.12.24

    音楽教室の生徒さんから頂くレッスン料金は、どのように決め…

  3. 2018.12.24

    音楽教室を運営していて、講師が感じる喜び、幸せとは何なの…

  4. 2018.12.24

    個人で音楽教室を運営する際の心がけ、、「理念」の設定で見…

  5. 2018.12.09

    音楽教室講師が生徒さん集客の際に考える「客層のターゲット…

  1. 2018.12.24

    音楽教室を運営していて、講師が感じる喜び、幸せとは何なの…

  2. 2018.05.25

    お問い合わせページを更新しました

  3. 2013.08.16

    レッスンをこれから行っていく方への3つのポイント

  4. 2013.07.30

    前向きな発想の大切さ

  5. 2013.06.13

    ホームページで生徒さんを増やすにはブログの更新が重要!